前へ
次へ

毎年恒例のお取り寄せは母の大好物

冬になると何かとおいしい食べ物が出てきて、食欲の秋ならぬ太るのは冬というのがここ最近の定番となっていますが、特に母がお気に入りで毎年のようにお取り寄せの手配を頼まれるのが干し芋です。
スーパーで売られているものはほんの少しだけしか入っていないにも関わらず、びっくりするほど高い値段が付いていることから、何気なく大手プラットフォーマーのショッピングモールで検索したところ、茨城県産の干し芋が驚きの安さとたっぷりの量で売られているのを見つけました。
まずは物は試しと自分用に購入したところ、これがびっくりするほど美味しくて、芋好きの母を虜にしてしまうのに時間はかかりませんでした。
それ以来、毎年冬になるとワンシーズンに3度は注文しており、気前のよい母はご近所で親しくしている方にもおすそ分けして喜ばれています。
お取り寄せそのものは自分ではまったくできない母だけに、何度も頼まれるとまたですかという気になりますが、これも親孝行と思って注文し、ついでにお相伴にあずかっています。

Page Top